読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

慶応義塾大学通信課程 学習の記録

2019年9月卒業を目指した学習の記録

慶応通信3年間の軌跡①ヌルい日々でも。

3年間何を勉強したんだろう?
以下、記録です。

【1年目】

2013.9  入学

2013.11 東洋史概説1 不合格 
      心理学2 合格
     科学哲学 不合格


2014.1  東洋史概説1再 合格
     科学哲学 合格
     教育学 不合格
     歴史哲学 合格
     科目試験 心理学2不合格
2014.5  次男誕生

【2年目】

2014.10 科目試験 東洋史概説 不合格
          科学哲学 合格

2015.3  西洋哲学史1合格
    

【3年目】

2015.11  ロシア文学 合格

2015.10 科目試験
     ロシア文学 合格
東洋史概説 不合格


2016.8  社会心理学合格
     教育心理学 不合格

【4年目】

2016.10 西洋哲学史1 合格
     歴史哲学   不合格

2016.11 社会学史1 合格
     倫理学   合格
     教育社会学 不合格 
論理学 不合格
2016..12 社会学史2 合格
     教育社会学 合格
2017.1  教育学心理学再 合格
     論理学再  不合格
    科目試験
    歴史哲学 合格
    社会学史1 合格
    倫理学 合格
    論理学 合格
    教育心理学 合格
    社会心理学 合格
2017.2 英語音声学 不合格
2017.4 科目試験(結果待ち)
    英語1
    英語2
    英語7
    教育社会学
    英語音声学
    社会学史2
2017.5 論理学(再)


感想(分析はなしです!)

ちょっと、意外でした。
入学直後から、
レポートに取りかかっていたとは!
次男が生まれる前にという危機感かもです。
しかも、3科目も提出してます。
間伐入れずに、再提出もしてます。

頑張ってたんだ・・。
やる気はあったんだ・・。
でも、本当に記憶にない。

科目の選択に迷っていたこと。
レポートの書き方が分からなかったこと。
誰に聞けばいいんだろう?
大学って、こんなんじゃない!
悩みながらも、それでも、
半年間は、書き続けていたのです。

少し思い出してきた(涙)

流石に、次男産まれて1年弱は、
レポート書いてません・・。

確か、生後半年で、無理に受けた科目試験で、
家や育児を夫に半日任せたら、
とんでもないことになり、

科目試験受けられないなら、
レポートも無駄でしょ?
スクーリングなんて、絶対無理でしょ?

そうそう、ここで、
かなりダメージを受けたのです。

その後も、スローペースではありますが、
レポートは書いているようです。

ただ、このペースと確率では、
卒業は、相当厳しいです。


2016年10月以降、
ある出会いをきっかけに、
思考や行動が完全にリセットされました。

合否も大事ですが、
量とスピードがなければ、
どうしようもないです。

毎日、動かなければ、始まらないです。
3年分の記録が19科目に対して、
2016年10月以降は、24科目です。

単純計算して7倍の量です。
シャア

3年間、厳しい状況でも、希望を棄てずに、
挑み続けたのは、自分でも、
よくやったな!と思います。⬅記憶ないけど。

ただ、

慶友会に入って、交流して、
情報さえ貰えたら!
そんな時間さえあれば!

どうせ、
科目試験が受けられないなら、
スクーリングが無理なら・・。

そこらへんの思考が、ヌルかった!
べつに、交流=情報と、捕らわれず、

事務局に電話したってよかったのでは?

レポート書けないんです!
それなら、配布物にいい資料ありますよ!
文献も色々ありますよ!
何らかのヒントは貰えたはずです。

育児関係で、
スクーリングが駄目でも、
メディア科目で8単位取れます。
放送英語もあります。

2年間、
科目試験が全く受けられないとしても。

専門科目は、
スクーリング抜いて
レポートだけで40~50単位。
科目にして、20~30。
2年間で、
こつこつレポートを書き上げてしまって。
英語6単位+専門6単位で、
卒論登録出来るんだから、
科目試験+卒論執筆というパターンも、
ありなのです。

そういうことを、考えると、
やる気はあったし、頑張っていたけれど、

果して本気だったのかい?
ヌルいよね!と、言わざるおえないです。

全然、
卑屈になることはないし、
恥じることもないです。

ただ、要領悪かったなー!

だから、
胸を張って、進めばいいです。


結論
「やっぱりなにも恥ずかしくないっす!」


なんですが、その前に、
3年間のレポートを見ておこうと思います!