慶應義塾大学通信教育過程の記録

文学部1類(哲学)で学んだことを中心に綴っています。時々、ダイエットや漫画、都市伝説の話もします^ ^

【その他】25万馬券が当たった日のこと

はじめに

これが、先週の話だったら、

Amazonの欲しいものリストに好きなもの入れといてー!おっちゃんが全部買うたろー!

なんですが・・。

先週の話ではないのです。ごめんなさい。


1.初競馬

第113回天皇賞

1996年4月21日 京都競馬場

育ちが良くてワルい先輩達に、
「淀いくけど一緒にいく?」と誘われました。


淀?淀殿のこと?お寺かな?楽しそうだな!
このどあほうが!

1時間後、私は、

お寺ではなく、パドックにいました。


うま・・?


「ナリタブライアーン」「ナリタブライアーン」

ナリタブライアンは、
心臓が止まるほど綺麗でした。



結果は・・


第44回阪神大賞典でのナリタブライアンマヤノトップガンによる2頭によるマッチレースにより2頭の対決に注目が集まったが、サクラローレルが優勝。

サクラローレルの末脚は見事でした。


花吹雪のように馬券が舞っていました。


これだけの人々を動員させ熱狂させるとは・・。
ここに、何があるのだろう・・。



2.それからの日々

学生時代は大阪の喫茶店で、
アルバイトをしていました。

昨日の阪神と週末の競馬は必ずチェックして、
話せるように準備してました。
え?キャバクラ?
初めは、義務的だったのに、
血統図鑑や漫画を読んで、

段々、好きになりました。


だめだ、際限なく長くなるので・・


当時の好きな競走馬勝手にランキング!!

第1位ステイゴールド
f:id:nnaho:20170718185452j:plain

430㎏の小柄でバランスの取れた身体と、
ぬいぐるみだとわからない💦

気性の激しさ、そして・・

4歳天皇賞・春宝塚記念
天皇賞・秋といずれも2着。
次の年の天皇賞・秋でも2着。

この成績がたまりません。
大好きです。


第2位ビワハヤヒデ

f:id:nnaho:20170718190549j:plain

左です。大きな顔が好きです。
右はイケメンのトーカイテーテオーです。

ビワハヤヒデくんは、
ナリタブライアンのお兄さんです。
同じクラスだったら絶対に仲良くなってます。
私はビワミサキになりたい。

おまけ。トーカイテーオー

f:id:nnaho:20170719055233j:plain

超イケメン!!
でも、ビワハヤヒデくんの方が好き!

第3位ナリタブライアン

f:id:nnaho:20170718191523j:plain

三冠馬の中で一番好きです。

天皇賞春では、
ホッカイルソーナリタトップロード
名馬が何頭もいたのに・・彼しか見えませんでした。同じクラスにいても、優等生過ぎて近寄れません。でも、何となくマイペースな感じが好きです。


3.あなたと結婚したい

でも、本当に好きなのは・・

ダイタクヘリオス

f:id:nnaho:20170718190654j:plain

彼の凄いところは、6歳になっても、
マイラーズカップ
60㎏の負担重量を背負いながら、
5馬身差の圧勝で連覇を達成したことです。

35戦して1番人気に6回推されるも、
1着は3歳時の条件戦での1回のみ。

人気になると凡走、
人気が無くなると好走。

そういうとこがたまらなく好きです。

常に大きく口を割って走る姿から
「笑いながら走る馬」と言われていました。

なんていったらいいんだろう。
彼の魅力はこんなものではないのですが・・。

結婚するならダイタクヘリオスしかいない。
固い決意をしていました。



万馬券まだかーい!


4.その日がきた!

第34回スプリンターズS

2000年10月1日

初競馬から4年半。

馬券を買うことはなく、
競走馬を勝手に擬人化して、
応援する日々が続きました。

喫茶店のお客さんは増えました。

ある秋の日の午後、
交際していた相手の家に遊びに行くことになりました。上品なお母さんを紹介され、しばらく、談笑が続きました。

「あら、馬券買う時間だわ!」

「馬券ですか?」

「あなたもおひとつどうぞ!」

 新聞を渡されました。電話で購入するようです。

 お、おひとつって突然言われても・・

 こ、これは・・!

 ダイタクヤマト!出走するの?!

 ダイタクヘリオスの息子さんですか?
 ですよね?ですよね!
 
 結婚してたんですか・・?


 「ダイタクヤマト単勝で!
  100円お願いします」

 「え?100円でいいの?馬連枠連は?」

 「大丈夫です!単勝100円でお願いします!」

 愛した男(馬)の息子の馬券を買うんだから、
 当然単勝です。迷いはありません。

なんですが・・

7頭ものG1馬(含海外G1)が揃ったうえ、自身は函館スプリントステークスでの連対しか重賞実績がなく、前哨戦のセントウルステークスでも敗れていたため単勝オッズ257.5倍という出走16頭中最低人気となった。(Wikipediaより)

出走直前に、単勝257倍と知りました。
あわわ・・
100円とはいえ他人のお金で、

何をしてるんだ・・。

絶対に勝てないよ。

ところが、

レースは、

ダイタクヤマトが、

第4コーナーで先頭に立ち、

そのまま押し切って、

人気のアグネスワールドの追撃をしのぎ切り、

GI初制覇。

鞍上の江田照男ともども大波乱を演じた。(Wikipediaより)

あっという間の出来事でした。

25万馬券と言っても、
賭けたのは、100円なので、25000円です。

とにかく・・。
お金を受けとる訳にはいかないと言うと、
特上のお鮨をご馳走してくれました。

さらに、
「この子に何か買ってあげてね!」
と、彼に10000円が渡されました。

おわりに

競走馬は大好きでしたが、
結局馬券は2度しか買っていなので、
競馬は初心者です。


主観で書いてるので、
間違った解釈もかなりあると思います。

気を悪くされたらごめんなさい。


もう、競馬は遠い世界だなあ・・と思っていたら、

uma-free.hatenablog.com


記事を読むと・・

うわーディープインパクトの子供なの?
やっぱり、カッコいいなあ。

大好きな競走馬達の
お孫さんや曾孫さんが
活躍しとるではないですか!

そういうわけで、
嬉しくて書いてしまいました^ ^

いつか、また、パドックに行きたいです^ ^

それら、

なにごとも
ヒテイするのは
かってから

と、思っているので・・

麻雀は、
一晩打って勝てるまで。満貫だすまで。
パチンコは、
確変出るまでひたすらやり続けました。

麻雀は勝てるまで本当にキツかったです。
トイレでよく泣きました。

1回勝ったら辞めちゃうんで、
本当に浅くて薄い経験でしかないですが・・

そこで、感じたのは・・

博打は、

自分に賭けるのが、一番面白い・・かな。

ということでした。

万馬券の話をするつもりが、
ほぼ、競走馬の話になってしまいました💦