慶應義塾大学通信教育過程の記録

文学部1類(哲学)で学んだことを中心に綴っています。時々、ダイエットや漫画、都市伝説の話もします^ ^

【その他】旅立つ君へ

君と出会ったのは10年前の夏だった。

マンションの同じフロアに引っ越してきた、
幼稚園児かと思うほど小さな可愛い女の子。

「おはようございますっ!」

爽やかな挨拶や丁寧な言葉使いから、
大切に愛されて育ったんだなって思った。


真っ黒に日焼けして、
いつもバスケットボールを抱えていた。


君は10歳だった。
あれから10年が過ぎた。


f:id:nnaho:20180321143431j:plain

色々なことがあった。


高校はバスケの強豪校だった。
君がいかに活躍しているかは顔を見れば分かった。


身長はいつのまにか抜かれてた。


引退後は大学に行く意味が見出せないとぼやいていた。


自分達で合宿や旅行を企画したり、
楽しいことは沢山あるから、

騙されたと思って、
死ぬほど勉強したらいいよと言った。

君の瞳が少しだけ輝いた。


君は見事に第2志望の大学の工学部に入学した。
半年すると、君の顔が急に曇りだした。


あの時、君が辛そうで少し嘘をついたんだ。
楽しいことは勿論あるけれど、
与えられた玩具はいつか必ず飽きる。

自分の手で掴み取る以外ないんだよ。



次に君とゆっくり話したのは去年の今頃だった。



私は、慶應通信の英語3科目受験を控えて、
ゴリラのように英単語を書きまくって覚えていた。


「英単語は、書いて覚える派ですか?」

君はクスクス笑いながら、
「夏休みに短期留学して、目覚めたんです」
瞳を輝かせて話してくれた。


まずは、交換留学生として渡米する。
少しでもいい環境に身を置くために、
1年間、英語を猛特訓する。


「それから・・英単語は大量に丸暗記するよりは、
主要な単語をベースにして
その派生語や語尾変化を覚える方が効率いいですよ」


眩しかった。嬉しくて泣きそうだった。
身長以外にも君には色々抜かれてしまったみたいだ。




そして、君は、渡米した。


f:id:nnaho:20180316003323j:plain



君がいなくなって2週間が過ぎた。


iPhoneは米国では高級品だから、
イヤフォンで通話しないと、
犯罪に巻き込まれるって噂を聞いた。



君の携帯は何だったかな。大丈夫なんだろうか。
君は凄く可愛い。変な男の子に絡まれてないだろうか。


ああ、ごめんね。余計なお世話だよね。



10年間君をずっと見てきたんだ。


信じるてるよ。心配はしない。


1年後、君に会える日まで、頑張るよ。
単位は全部取り終わってて、卒論は終盤に入ってる。


君は何を話すんだろう。どこまで行くんだろう。



「夢を追う君へ
思い出して つまずいたなら
いつだって物語の主人公は笑われる方だ
人を笑う方じゃないと僕は思うんだよ」

サザンカ 』より


f:id:nnaho:20180316004611j:plain


そんな感じで、特にオチも何もないですが、

今は遠い空の向こうにいる
近所の可愛い人を想って 頑張ろうと思います。

新たな旅立ちを心から応援しています。