慶應義塾大学通信教育過程の記録

文学部1類(哲学)で学んだことを中心に綴っています。時々、ダイエットや漫画、都市伝説の話もします^ ^

【慶應通信】夏スク英語2科目受講

昨年は、興味ある専門科目のみだったので、
気分はゼミ合宿in熱海でした( ´∀`)

しかし、今年は、卒業時期を左右する
絶対に落とせない&苦手な英語2科目・・

気分は、秋季大会直前!地獄の夏合宿(゚д゚lll)

開始前から既に胃痛・・

f:id:nnaho:20180819074746j:plain

では行きます!

【リーディング】

授業の趣旨は、
論文やエッセイ等の基本的な文章構造を理解し、
短時間で読解する様々なスキルを習得することです。


授業では、テキスト以外に1000word前後の新聞や
学術論文、文学作品を読みました。


と、サラッと書きましたが、


私は、精読以外の読解方法を知らなくて、
400wordでも瀕死状態であります。


辞書は極力使わない?
しかも、5分で1000wordですって?


f:id:nnaho:20180819132423j:plain

記憶が飛び飛びですが、

最終日のテストでは、
辞書なくTOEFLの文章をふむふむと読んでました。

いやいや、
全問正解とかそこまでは全然いってないですよ!

まだまだこれから!


【ライティング】

授業の内容は、
自分のご先祖様に関するエッセイを
750〜1000wordで書いてスピーチしましょう!です。

先生は全て英語で話します。日本語一切なしです。
聞き取るしかありません。

テーマに沿った
400〜800字前後の英文をパソコンで仕上げてこーい!

という宿題が毎日出ます。

さらっと書きましたが、
私はネイティブの発音は全く聞き取れません。

英作文なんて試験以外したことありません。

f:id:nnaho:20180819135508j:plain

記憶が飛び飛びですが、

最終日には、
750wordの構成が整ったエッセイが手元にあり、

1週間、苦楽を共にして人柄も多少は理解できた
クラスメイト達のスピーチを聞いて、

ああ、血の繋がりって凄いわっ!と感動し、

最後に、先生に冗談を言うところまでいきました。


【総括】

卒業後の進学を考えた時、
論文を英語で読む、書くが私全然ダメやからなあああ!
とずっとうじうじうじ悩んでいました。

今は、英語で、
10000wordの論文読んどいて!と渡されても、
1000wordで論文構想書いといて!と言われても、

OK牧場です。

本当に素晴らしい授業でした。
リーディングとライティングもリンクしてたのも、
良かったです!


先生方や色々お世話になったクラスメイトに感謝しています。この辺の話は書き出すときりがないので・・


あっ苦手意識が無くなっただけで、
スタートラインに立っただけです。

これから日々訓練して、5日間で学んだ内容を
しっかりと身につけて行きたいです。



【今週の慶應通信

昨年は夏スク受けながら国語学のレポート書いてましたが、今年は流石に無理でした。

今週は、持込可のレポート追加で1教科
終わり次第、卒業論文の先行研究をまとめます。

あれ?宿題ないんだっけ?
うそ・・ライティングロスになりかけや!


【今週のダイエット】

45.5kg ちょっと睡眠とって仕切り直しです。