慶應義塾大学通信教育過程の記録

文学部1類(哲学)で学んだことを中心に綴っています。時々、ダイエットや漫画、都市伝説の話もします^ ^

【慶應通信】1時間で20冊の専門書は読めるのか

f:id:nnaho:20190918174519j:plain


そろそろ秋ですね・・。


1時間で20冊の専門書は読めるのか


では、いきます!

1.動機

前回の大学院入学試験の記事で、
「1時間に20冊程度の専門の文献を読みますが」
と、さらっと書きました。



直近では6月に
Eスク法哲学社会学特殊のレポートで、
20冊程一気に読んだ記憶があったので、
そのくらいのペースかな?と思ってました。



実際、本当に読めているのか検証しました。



2.方法


専門の文献・・・専門書の辞書的な意味は、
「特定の専門分野に関する本」
「専門性が高い本、専門家向けの本」です。

①卒論や興味ある分野で上記に該当するであろう本を20冊選択します。


②原則通読します。拾い読みは禁止です。


選択した本は以下の通りです。


f:id:nnaho:20190918185203j:plain



1.卒論関係

ジョナサン・H・ターナー
『感情の社会学理論』株式会社明石書店 2013年
他6冊


卒論は、結論まで一応書き終えましたが、
絶賛悶絶中で突破口になりそうな本を選びました。

2.進路関係

倉田敬子著『学術情報流通とオープンアクセス』
株式会社勁草書房 2007年 他4冊


卒論優先ですがこの機会にまとめて読みました。
全て倉田教授の著書です。




3.経営関係

北地達明他著『最新コーポレートガバナンスの全て』
日本実業出版社 2016年 他5冊


弟が約1年かけて転職する際に都度状況を聞いていたのですが「コーポレートガバナンス体制の整備」に関してはさっぱり理解出来なかったので勉強したいと思ってました。


4.その他


デビッド・ジュビーゲルハルター著
統計学とは時にセクシーな学問である』
ライフサイエンス出版 2018年 他6冊


最後の試験を統計学にするのが1年越しの夢でした。
時間的にも能力的にも、かなり厳しい状況ですが、出来るとこまでやってみます。


全21冊
※内1冊は地図なので20冊

結構・・ジャンル偏ってますが・・。
論文集も入ってるし・・



3.結果



読めませんでした!!
1時間36分で帰宅時間になり、
3冊残して時間切れになりました。


特に、コーポレートガバナンス関連&統計学は通読していても全く理解が追いつきませんでした。
数式が出現すると格段にスピード落ちます。


一方、卒論関係はいいテンポで読めていましたが、気になる箇所は図を書いたり引用して時間がかかる場面もありました。


言い訳はそんな感じです!


4.考察


ある程度熟知している分野であれば、
スピードは上がるので20冊は可能ですが、


適正も予備知識もない分野では
相当に厳しいです。


自己啓発本ならいけるような・・。


次は漫画で挑戦したいと思います!


嘘です。


卒論詰めないといよいよ時間がなくなってきたので、今はそこに集中します。





おまけ・・・

【2週間分の慶應通信
・卒論 結論部分追加 全体修正
文献追加

【2週間分のダイエット】
・平均 45.3kg
二郎食べ損なってから二郎以外見えない。

【その他】2019年 大学院受験記録

f:id:nnaho:20190906071241j:plain

泳ぎたいなぁ・・・。


9月2日に慶應義塾大学社会学研究科修士課程を受験しました。

受験に至る経緯や今後の方針などを記録して前に進みたいと思います。




では、行きます!




1.受験した慶應大学社会学研究科はどんなとこですか?

こんなところです!

http://www.hr.keio.ac.jp/


社会学研究科には、心理学、社会学、教育学の3つの専攻に分かれています。

受験した社会学専攻は、社会学研究科では最も早く1951年に開設されました。


学部を越えて幅広い調査研究を進めることを目的とし、文学部・経済学部・法学部の関連教員を主体に学部とは独立した形になっています。



2.なぜ大学院で学びたいと思ったのですか?

4歳の頃からやりたかったことを実現する過程として最適だと思ったからです。


また、現役大学時代は、兄弟全員が県外の大学に進学しており、これ以上親に負担をかけて院進するという選択肢はありませんでした。


社会に出て経験を積んで必ず再度受験しようと考えていました。


3.慶應通信でなく始めから大学院を目指せば良かったのでは?

取得している学位は情報なので専攻が異なります。
受験資格はありますが、慶通の文学部で哲学、社会学、心理学の基礎を固めたいと考えました。
後は家の事情です。


f:id:nnaho:20190906162137j:plain


4.社会学部の修士課程は他大学にもありますが・・?



現在、卒論論文を指導して頂いている先生のもとで継続して学びたかったからです。

ここを語ると3万字くらいになるのでいつかまた・・

ただ、同じことが出来るのであれば、他大学との併願も視野に入れるべきでした。


5.具体的なスケジュールを教えて下さい!


ここにあります!

http://grad.admissions.keio.ac.jp/sha-m.html


個人的なスケジュールは以下の通りです。

慶通文1卒業見込で出願しているので、
卒業しないと入学はないので迷った時は慶通を優先しました。

2019年
1月 HPより過去問入手
2月 2回目論文指導&大学院進学相談
4月 Eスク2科目履修開始
5月 3回目論文指導&大学院入試説明会
7月 WEBエントリー&願書出願&第2回科目試験
8月 夏スク&第4回論文指導申込
9月2日 一次試験(英語&専門)
3日 合格発表
4日 二時試験(面接)
5日 合格発表

いや〜こうやって振り返ると、
なかなかにハードなスケジュールですね!
出願書類では未完成の卒論をベースに研究計画などを書くのでとても大変でした。


6.どのような試験対策をしましたか?

専門科目
過去問3年分解いて全て暗記しました。
ただし、循環も重複もしていないので、
説明会で勧められた文献中心に3冊程精読しました。


英語
過去問で使用されていた文献を精読しました。
内容は、社会心理学の実験だったので、
社会学者&主要な実験&概念を中心に暗記しました。


f:id:nnaho:20190906162227j:plain


7.試験当日の様子を教えて下さい

8時45分集合、9時試験開始で、試験は南館1階で行われました。子供がまだ夏休みだったので、港区の保育施設に預けて8時15分頃到着しました。

過去の倍率を遥かに超える受験者数と留学生の比率の多さに圧倒されました。


8.結果はどうでしたか?

1次試験不合格でした。

落ちたんかい!!

結果は翌日の17時に公表されますが、英語のあまりの手応えのなさに合格は絶対にないと思いました。


9.敗因は何だと思いますか?

英語の圧倒的な実力不足と情報収集で手を抜いたことが致命傷になったと思います。

5月の説明会では、卒論指導の先生と教え子の院生が体験談を発表していました。英語は、出典の文献以外にどんな論文を読めば良いかなど対策を聞くべきでした。家の事情で質問時間までいられなかったのですが、後日、メールで質問するなど方法は無数にあったはずです。


英語の過去問は、出典のみ表記されているのですが、想定した英文の3倍以上を全訳しなさいという問題を見た時に、認識の甘さを痛感しました。対応するだけの語彙力と文法力が明らかに不足していました。

専門科目は過去問題が全て公開されていたので、対策は万全ではないですが出来ていたので特に問題ないです。


10.今後の方針について教えて下さい

大学院入試に特化した予備校で情報収集し模擬試験があれば積極的に受けようと思っています。

私は活字中毒なのもありますが、1時間で約20冊程度専門の文献を読みます。同等のスピードで、英語の文献や論文が読めるようになったら夢のようだと思います。
語彙力を増やし文法を基礎からやり直して1年後にはその状態になっていたいです。合格して、授業を理解して修士論文を書ける英語力を身に付けたいです。

さらっと書きましたが、
毎日15時間英語に費やした現役受験生の頃とは、
仕事や家庭もあるので、状況が違います。

今していることは、正しい努力なのかを常に確認して、ゴールまで進みたいと思います。


f:id:nnaho:20190906162413j:plain


終わりに

私は、身体能力的にも頭脳的にもキレる方でないので、大事な勝負事では、これ以上出来ません!!という状態まで準備して臨みます。なので、試験や試合終了後は、出来はどうあれ、清々しい気持ちで一杯です。

しかし、今回は全然違いました。

20年前の夏、あるスポーツで全国大会に出場し無様に惨敗した時のような気分でした。あの時、悔しかったのは、負けたからではありません。試合の前から気持ちで既に負けていたからです。全国に進めたことで気持ちは燃え尽きていました。練習するフリはしていたけれども、本気で勝てるとは信じていませんでした。その意気地のなさと不甲斐なさが情けなくて悔しくて涙が止まりませんでした。その時と同じような感じです。

もう2度とこんな思いはしない!と誓って生きてきたのですが、どうも、気を抜いてしまったようです。

1年間頑張ります!
英語と並行して、まずは卒論を仕上げます^ ^

【慶應通信】2019年第2回科目試験結果&夏期スクーリング

f:id:nnaho:20190903041453j:plain


【2019年第2回科目試験結果】

法哲学−E 評価 A

社会学特殊−E 評価 B

116単位充足しました。

法哲学はあまり手応えがありませんでした。
100%視聴&レポートは提出していますが、

万が一落としていた場合、
スク単位不足で卒業が半年伸びてしまいます。


それは、困る・・・。

f:id:nnaho:20190903041638j:plain


急遽、夏期スクーリングの受講を決めました。
家の日程調整や保育先の確保が難航して、
肝心の授業内容の詳細を確認したのは2日前でした。


社会心理学特殊】

定員は50名前後で毎回グループディスカッションがあります。ひいいいいい!そんなの聞いてない!と恐怖で足がすくみました。


しかし、グループ分けから役割分担、タイムスケジュールまで予め決められているので、自分のように人付き合いに苦手意識があっても、安心してディスカッションに集中することが出来ました。


講義はステレオタイプに関する概念を理解して異文化コミュニケーションに生かすことを目的としています。今最も話題となっている日韓関係について深く考える良い機会になりました。

今後の人生の糧となるような素晴らしい講義でした。
受講して本当に良かったです。


f:id:nnaho:20190903042917j:plain


一昨年卒業した友達と久し振りに会いました。
2年前に夏スクで知り合った時には今の自分と同じで、残りは卒論という状況でした。


学部も類も同じなのに、
科目試験やレポートの話は全然してないですが、
学生時代や職場の友達とは違う絆を感じます。


この人は、派手に活躍しているけれど、その一方で、コツコツ地道に20〜50科目のレポートを仕上げ科目試験を黙々と受験してきたのかー!という信頼感や安心感でしょうか・・。


うーん、ちょっと違うか。



【今月の慶應通信
・夏スク&卒論インタビュー追加
・専門科目まとめ

・9月前半で一通り卒論仕上げます。
(膨大な修正があるので・・)

【今月のダイエット】
45.5kg お盆で増減ありましたが落ち着きました

魔界の科目に関する話を書こうかと思っていたのですが、また次回・・・

【専門科目】科学の方法3類型/概念構成と命題構成/理論研究と実証研究/内在的批判と外在的批判

専門科目3回目です。

f:id:nnaho:20190725084342j:plain



旅に出ようかしら・・・

今回は引き続き社会学の論理構築や分析方法について説明します。

1科学の方法3類型

社会科学の究極の目的は、人間社会に妥当する必然性の命題を法則とすることです。

その科学的な方法として3つの型が定式化されています。


・統計帰納法
「リアリティを帰納法によって検証可能な存在(経験)に接続する手続き」
都道府県の自殺率、離婚率→各県の特性

・数理演繹法
「時間・空間を超越した『普遍』で『抽象』な仮説認識としてのリアリティを、演繹という方法手続きによって反証可能な(存在)へと接続する方法」


f:id:nnaho:20190725161158j:plain


こんな感じでしょうか・・。
自然現象とは違って社会現象には人間の意味によって構成される部分があります。ですから、上記に加えて意味解釈が重要になります。

意味解釈
「『特殊』で『個別』なリアリティの意味認識を、解釈法によって了解可能(経験)に接続する方法」

f:id:nnaho:20190725162743j:plain

例えば、
ある行為が神聖なものとして賞賛され、
宗教儀式が発生するのはなぜか?
という問いに対して、

人々の動機や集団の特性から説明しようとすることが意味解釈になります。


社会科学における法則性


このように、自然現象における法則の発見に比べて、社会現象の発見は、人間の行為や活動を対象とするので発見には大きな困難が伴います。

この社会学の法則性については、


決定論的必然性
ある条件のもとである現象が必ず起きること

②確率論的必然性
ある条件のもとである現象が◯%の確率で起こること

③歴史的必然性
歴史上の出来事が必然的なつながりで生み出されること

以上の3つがあります。


自然科学においては①+②に限定されますが、社会科学では③も加えて幅広くとらえようとしています。


2.概念構成と命題構成


次に、社会科学における理論構築には概念構成と命題構成があります。


概念構成
対象を的確に捉えた概念を作り出すこと

命題構成
概念間の関連もしくは要因間の関連

まず、概念構成が重要である理由は2つあります。
①社会現象を一義的に確立するのは困難
例 「家族」といった時に血縁関係のない者は家族構成とみなされる?ペットはどう?

f:id:nnaho:20190725165230j:plain

そうです、定義が難しいのです。

②新しい社会現象を的確にとらえるため
ジェンダーエスニシティなど


次に、命題構成の例としては、
・デュルケム『自殺論』における命題
「社会の凝集性が低い時には自殺率が増大する」


社会科学の理論構築では、概念構成と命題構成が重要な作業であるといえます。しかし、研究者が新しい命題を提出するのは至難の技です。一定の方針のもとに概念を相互に結びつけ、再構築することが次の作業となろます。



3.理論研究と実証研究

人文・社会学における理論体系では、その理論が生み出された時代背景や社会背景に研究対象を広げます。

何故なら、人文・社会学の理論の多くが時代相関的もしくは社会相関的な理論だからです。


例えば・・

f:id:nnaho:20190725170621j:plain

合理的選択理論のスタートというべき「囚人のディレンマ」は、利得計算からナッシュ均衡へと至る理論を考察し社会的ディレンマが発生するメカニズムを研究しています。

ところが、人間は自らの即時的な欲求充足を回避し、利他的な行為やボランティア行為という「非合理的」に見える行為を行います。


実証理論

社会学における理論を検証し、理論の経験的妥当性を問うこと

検証の際には、実験を行うことは社会学の場合不可能なので、以下の方法で調査します。


①調査票
②聴き取り
③参与観察
現場に行き私生活を体験し記述
④ドキュメント分析
手紙・日記・新聞・雑誌などの文書記録
⑤既存統計資料の分析

理論研究と実証研究は、独立した作業であっても分離はされていません。往復運動のようになされるべきであるといえます。


4.内在的批判と外在的批判

内在的批判と外在的批判は、理論を吟味するための2つの方法です。その前提として3つ理論を押さえましょう。


①領域仮説と大前提
概念構成および命題構成からなる純粋理論の根底にあり研究の指針となるもの

②概念構成と命題構成からなる純粋理論
例 社会的交換理論における等価交換の原理など

③規範理論
当為・・なすべきに該当、ある社会現象に政策判断や価値判断を下すこと

内在的批判は②に焦点を当てます。
これに対して外在的批判は①+③に焦点を当てます。

社会学の理論は、純粋理論のみで展開するのであれば、内在的批判のみで充分なのですが、時代の推移により社会は変化し、他分野の学問の発展に伴い前提や規範も変化せざるを得ないのです。外在的批判を取り入れることで新しい社会学理論を脱構築する契機して位置付けましょう。


参考文献
・浜日出夫著『社会学の力ー重要概念・命題集』株式会社有斐閣社 2018年 10〜17頁参照

【専門科目】社会的事実/存在と当為/方法論的個人主義と方法論的集合主義

専門科目2回目です。


f:id:nnaho:20190724201007j:plain

隣でぼーとしたい・・。

Ⅰ.社会的事実

社会的事実とは、
19世紀から20世紀初頭にかけて社会学の確立に貢献したデュルケムの言葉です。

今回は、この『社会的事実』について説明します。

1.創発特性

社会的事実を説明するためには『創発特性』という概念を理解する必要があります。

創発特性の定義
ある部分ないし要素が一定量を超えて集まるときに発現する集合体自体の性質であり、各部分ないし各要素には還元できない集合体独自のもの

え?なになに!?

まず、
社会学の研究対象は社会現象です。

そこで社会学者が注目したのは、
社会現象には、個人の行為では説明のつかない何かがあり、異なる性質が発生するのではないか!!

ということです。

この性質を『創発特性』と呼びます。
これは、社会学にとって大切な概念です。

2. デュルケムと『社会学的方法の基準』

創発特性に関して『社会的方法の基準』におけるデュルケムの主張では・・

社会現象自体が有する創発特性=社会的事実
人間の意識の外部にありながら、行為を拘束するもの

具体的に言えば、人間の行為には、何故そうするのか明確な理由は分からないけれど、行為者がそうしなければと感じて行う行為が、まさしく『社会的事実』なのです。

f:id:nnaho:20190724113223j:plain


こういうこと、日常生活で結構ありますよね。


創発特性の注目すべき事例

・ドイツにおけるナチスによるユダヤ人虐殺
一人ひとりのドイツ人には狂気などなかったが、第一次世界大戦の敗退により「自由からの逃走」をもたらす社会的性格が生み出されたのではないか?この解釈は必ずしも正しいとは言えないかもしれないが、当時のドイツを覆っていた空気、それは、社会的事実と言えます。

3.社会学的分析の対象としての社会的事実

デュルケムの立場
・社会現象は個人の総和から説明は出来ないぜ!

しかし「個人の行為を出発点として、集合的な社会現象を説明するんだぜ!」という逆の立場での研究は続けられています。


社会現象を分析する際に「個人と社会」どちらを出発点とするかは、社会学誕生以来のテーマなのです。



II存在と当為


社会学の分析対象である「社会的事実」について説明しましたが、ここからは社会学の研究方法を紹介します。


1.科学研究所の2つの対象と方法

まず、科学研究には以下2つの対象と方法があります。


・存在(sein)あるがままのもの−事実−分析的
・当為(Selena)なすべきもの−解決−規範的


さらに、存在を対象とする研究では、


・記述ー社会現象・事実をリアルに再構築する
・説明ー社会現象・事実の要因、メカニズムを解明する

例えば、女性の就業率の上昇(有識女性の増加)ついて考えると・・

f:id:nnaho:20190724203830j:plain

・存在ー記述レベル
全女性に占める有識女性の割合
過去10年間トレンド
都道府県による違い

・存在ー説明レベル
有識女性上昇の背景として・・
女性の意識改革
性別分業規範の弱まり
貧困による働かざるおえない状況

・当為の研究
同一職業・同一労働での男女間の不平等解消
保育所の整備

となります。

また、別の例では、

対面的コミュニケーションが得意でない若者という問題があるとします。

f:id:nnaho:20190724204646j:plain

すると・・・

・存在ー記述レベル
対面的コミュニケーションが苦手な若者の増加という社会現象がある。その根拠示す数字もある。

・存在ー説明レベル
携帯電話などの電子機器によるコミュニケーション形態の変化が原因?

・当為の研究
企業における若者の対人コミュニケーションの訓練をどう行うか

となります。
様々な社会現象について当てはめて考えると面白そうですね!!


ウェーバーの価値判断排除

さて、この存在と当為に関してウェーバーの『価値判断排除』という名言では、

存在の研究
規範的判断や価値判断を避けて、科学的知見として客観的性を確保すべき!

当為の研究
規範的判断、価値判断を下して問題を最優先で解決すべし!

存在と当為は、きっちり線引きしようぜ!と提唱しています。
しかし、実際の社会学研究では、存在と当為は組み合わされて研究がなされています。並行して研究進めながらも、それぞれの到達目標を明確にすることが重要であるといえます。

Ⅲ.方法論的個人主義と方法論的集合主義

最後に、社会現象を分析する際の2つの対照的な方法について説明します。

【方法的個人主義ー社会唯名論
・社会現象は個人の行為の分析から始めるべき!
・19世紀後半〜20世紀
反自然主義
ウェーバー社会学の根本概念』
・象徴的相互作用、交換理論、合理的選択理論

【方法論的集合主義ー社会実在主義】
・社会現象は個人の行為の集積ではない!
・原因とメカニズムを解明すべき!
・19世紀
・自然科学と同じ方法で分析可能?
マルクスの社会理論
・社会意識論、社会構造分析、社会変動論

こんな感じです。

第二次世界大戦後は、統合しようとする試みが行われてきました。

パーソンズによる行為理論、富永健一社会学原理』キデンズの構造化理論がそのひとつです。

2つの分析方法は、対立するものではなく、それぞの優れた点を生かして研究することが重要です。

参考文献
・浜日出夫著『社会学の力ー重要概念・命題集』株式会社有斐閣社 2018年 4〜9頁

【専門科目】はじめに/「社会」の発見と社会学の誕生

はじめに

現在進めている慶應通信卒業論文と並行して、社会学理論の全体像を捉えるために日々学んだことを記録していきます。

教材として選択した「社会学の力」では、社会学固有の概念,方法,命題の中で最も重要な70項目を厳選し、現代社会学の魅力を伝えています。

1日3項目を目標に概念の要約し身の回りの問題と関連づけて考察をしていきます。

f:id:nnaho:20190722165007j:plain


ではいきます。


社会の発見と社会学の誕生

社会学の誕生は近代です。それまでは、自然と社会は同じ原理や法則が働いていると考えられてきました。


例えば、古代ギリシャ哲学では、万物の起源を水(タレス)や火(ヘラクレイトス)に求め、古代中国では、儒家思想の中核にあった天命という概念に現れており、自然の秩序と個人の運命は同じ枠組みで捉えられていました。


1.近代の起源

社会学は近代に誕生・・・。
では、いつから近代と呼べば良いでしょう?

それに対しては、ルネッサンス(14〜16世紀)からドイツ帝国の成立(1871年)まで、400〜500年の幅があります。しかし、市民革命及び産業革命が新しい社会誕生の原動力となったと考いう意味でフランス革命が起こった18世紀後半を近代の起源とすることが有力です。


2.社会学現象における規則性

それまでは、同一視されていた自然現象と社会現象ですが、独自のメカニズム、つまり規則性を発見しようという姿勢が社会学誕生につながりました。

社会現象における規則性の例

個人は自由に服装を選択しても良いにもかかわらず、他人と似たファッションになること

最近数十年のバレンタインデーに女性から男性にチョコレートを贈るろいう行事の定着


このように、社会現象における規則性は、
様々な人間の活動の集積として生み出されます。

ということは、規則性を変更すれば、社会を作り変えることも可能ではないのか?!

このような近代固有の認識を
丸山真男「自然に対する作為の契機」の優位と呼んでいます。


3.社会学及びその他学問の始まり

他の学問の誕生についてもおさらいしましょう。

近代における政治学、経済学の始祖
政治学:マキャベリ君主論』(1532)
・ホップズ『リヴァイアサン』(1651)
・経済学: アダム・スミス『諸国民の富』(1776)

社会学は・・・
社会学(sociologie)」
という言葉を提唱したコント(1798〜1857)

政治学の誕生からは250年ほど遅れていますね。

4.経済学や政治学に比較して誕生が遅れた理由

・明確な研究対象がなかったから
政治学=政治権力 経済学=資本主義の生成
社会学=人間の活動の集積、社会的なもの!?

フランス革命で混乱し将来の方向性が見えなくなってようやく科学の進展に裏打ちされた秩序ある社会の理想を提示するために社会学を構想したから


社会学誕生の背景に社会の混乱があったことから
『社会秩序の学』『近代自己認識の学』といわれています。


5.参考文献

・浜日出夫著『社会学の力ー重要概念・命題集』株式会社有斐閣社 2018年
・Durkheim.E 1895(宮島訳『社会学的方法の基準』岩波書店1978年)

【その他】君のとなりに

f:id:nnaho:20190715180301j:plain

慶應通信の話ではないです。


1.世界に想いを馳せていた頃


生まれて初めての記憶は父の書斎。
南向きの光が差し込む八畳の洋室。


壁面一体型の巨大な本棚に詰め込まれた大量の本。
大きなステレオと床に散らばった無数のレコード
母が買わされてしまった百科事典とおまけの地球儀。


一歩部屋から出れば大家族と田舎のコミュニティ
孤独とは無縁の賑やかな日々は楽しかったが、
地球儀を回しながら、
読めない本に目を通しながら、
一人静かに過ごす時間は至福だった。



なぜ自分はここに存在するのか。


窓の外に地球儀のような世界が存在するならば、
なぜこの場所に生まれたのか。



両親はなぜ自分の両親なのか。


それは誰が決めたのか。


ここに来る前の自分は何処にいたのか。
死んだら自分は何処にいくのか。
時の流れは永遠に続くのか。
それは地球上だけの話なのか。


宇宙の果てには何があるのか。
生命の始まりは何なのか。



分からないことだらけの世界なのに
なぜみんな平気な顔をして生きていけるんだろう。


それらは、
自分にとって重要な問題ではあったが、
母や祖母にとっては、
明日のお米を何合炊くのか
今年のお中元は何処で頼むかの方が大問題だった。
聞くことがはばかられた。



父は聞けば答えてくれたはずだが、
当時は仕事が忙しく顔もあまり見たことがなかった。



友達が欲しい。そんな話がしたい。



3歳と8ヶ月だった。
もうすぐ幼稚園。


友達出来るかな?楽しみ!!


2.でも、魂は渡さない

期待に胸を躍らせて入園したが
話せる友達は一向に出来なかった。



当然だ。
健全な幼稚園児はそんなことに関心はない。
でも、当時は本気でがっかりした。


追い討ちをかけたのは「お祈り」である。


カトリック系の幼稚園だったので
週1回、園内の教会でお祈りが行われた。


なぜお祈りをするのか?
そもそも神様って誰のことなんだろう?
近くの神社にいらっしゃる神様とは別人なのか?


どうもイエス様という海外の神様らしい。
なぜそのイエス様に
「良い子にしてください」と祈るのか。
それはイエス様に届くのか?
一体今私は何をしているのか?
そもそもお祈りって何なのか?

やりたくない訳ではない。
反抗しているつもりはない。


ただ、一言説明があっても良いのではないか。
何の説明もなくお祈りを強制するなんて。


いつまでたっても満足いく答えを誰も教えてくれなかった。いや、上手に質問出来なかったからかもしれない。


親にも先生にも必死で訴えても相手にしてもらえない日々の孤独から徐々に自分の殻に閉じこもり始めた。


さらに、問題を面倒にしたのは、
自分の強すぎる感受性だった。


幼少期の自分は、
相手の考えや感情がダイレクトに分かってしまう子供だった。

耳を塞いでも入ってくる感じだ。
先生は子供を見ていない。
気持ちがここにない。


そんなの気持ちがなくても休まず頑張って幼稚園来て仕事してたんだから責めちゃだめでしょ?と今は思う。


でも、子供は残酷だ。許せなかった。
幼稚園や先生達への不信感を募らせていった。


幼稚園には行かないからっ!!


母は厳しい人だった。
子供達のことはとっても愛しているけど
ダメと言ったら絶対にダメな人だった。


お姉ちゃんや近所のみんなが通ってきた幼稚園に行かないなんて、そんな我儘は認めません!!


違う。そうじゃない。
そんな話じゃないんだ。

思いを言葉に出来ないもどかしさに咽び泣いた。

母は強敵だ。
幼稚園に行かないという選択肢はない。


でも、魂は渡さない。


身体はあっても、気持ちは幼稚園には置かない。
歌わない。躍らない。お祈りもしない。
口もきかない。遊ばない。


自分のやり方で徹底的に反抗した。


学校には来るけど屋上でワルサして時間になったら帰る不良みたいなイメージでしょうか・・。


しかし、お腹は空くから給食は食べていた。
この辺が自分の詰めの甘さだと思う。


そんな生活が2年続いた。


流石に疲弊していた。
もう、いいんじゃないか・・。


何も変わらない。味方がいない。
孤独だった。何より希望が見えない日々が辛かった。


限界だ。
ごめんね、もう、やめる。


こんな馬鹿げたこと・・。


でもね、覚えておいてよ、悔しい気持ちを。
子供にも明確な意思があるって。
みんなとちょっと違う子供の叫びを、
受け止めらるシステムを作って欲しい。
無い物とカウントして踏みつぶさないで欲しい。


絶対に忘れないで。

年中の2月だった。


雪道をザクザクと歩きながら終わりを決意した。
頰を突き刺すような冷たい風が気持ち良かった。



3.頑張って生きてきて良かった

諦めた途端に、状況は一気に好転した。


2月下旬、浜松から女の子が転園してきた。
面倒見がよく社交的な母親はすぐにその子の母親と仲良くなった。


2週間ほど過ぎた頃、家に遊びにきた女の子の母親は、ひどく興奮してこう言った。


「ダメだよ。すぐに幼稚園探そう。ここにいたら、子供達ダメになる。あなた何も分かってない。幼稚園ってこんなんじゃない。朝から晩まで教育番組みせてるなんてありえない。年長の4月に間に合わせるよ!すぐ心当たり探して」


「えっ・・?!うん、分かった!」


あまりの剣幕に母はあっさりと承諾した。


私は黙ってやり取りを聞いていた。

そして、トイレで泣いた。

お祈りはともかく、
自分が感じていたことは信じていたことは間違っていなかったんだ。


今まで頑張ってきて良かった。


絶望の淵から救ってくれた友達の母親に心から感謝した。

新しい環境に身を置ける嬉しさに胸が震えた。
よし!失った2年間を取り戻すぞ!


時を同じくして、母親のお腹に赤ちゃんがいることが判明した。私とは6歳、姉とは9歳差になる。
当時としては高齢出産だった。
懸念事項が山のようにあった。


私がつまらないことに拘って反抗していたから、
母親の精神状態が安定しなかったのではないか。
本来ならもっと早く赤ちゃんが来るはずだったのではないか。


激しく自分を責めた。
母と赤ちゃんに何かあったら私のせいだ・・。



でも、過ぎたことは仕方ない。



生まれてくる弟のために私は頑張る。
絶対に良い子になる。最高のお姉ちゃんになる。


この時点では弟とは誰も言っていない。
生まれるまで性別は分からないはずだったからだ。
しかし、私には弟の輪郭まで見えていたから確信していた。


まずは幼稚園に真面目に通う。
更生するんだ。



4月から転園した市立幼稚園は、
園庭や裏山で泥だらけで好きなだけ遊ばせてくれた。
最高だった。
しかし、リボン結びや鍵盤ハーモニカなど
反抗して一切やらなかった代償は大きかった。
まさか幼稚園で落ちこぼれるとは!!


でも、そんなこと痛くも痒くも無い。

とにかく嬉しかった。

不器用な自分を丸ごと包み込んでくれる温かい先生の眼差しが心に沁みた。

今まで、頑張って生ききて良かった。
しみじみと感じながら遅れをひとつづつ取り戻した。


4.君のとなりに

当時を振り返る度に不思議に思う。
自分に何が起きていたのか。

記憶は全てはっきりと残っている。
確かに、時間や空間の概念に思いを馳せていた。
説明なく宗教を押し付けるなんて魂の冒涜だと怒っていた。子供と真摯に向き合わない先生達に絶望していた。

しかし、常識的に考えて早熟過ぎるのではないか。
慶通でいえば西洋哲学史1、2現代倫理学の諸問題、倫理学に該当するだろうか。

私は独特の思考以外は何かに秀でていた訳でもなく普通の子供だった思う。


だけど、恐らく自分以外にも同じような子供達が何処かにいるはずだ。そんな少数派の子供たちの特殊な能力や才能を生かせる社会であって欲しい。


彼らが偏見の目で見られて居場所を失うのではなく希望持って生きていけるシステムが必要だと思う。


「今でなくていい。
今は可愛い弟の最高のお姉ちゃんになること優先したい。いったん私は降りる。

でも、諦めたわけじゃない。あなたが大人になった時それがないなら作って欲しい」

4歳の君からのメッセージを、忘れた日なんてない。

君はいつもとなりにいる。
君がいるから、どんなに辛くても一歩前に進める。

キルケゴールサルトル実在論
プラトンイデア説、勉強してる時、君がにやけている気がして可笑しかった。

君のとなりで話を聞きたい。
君が知りたいことの全てを。

分かる範囲で答えてあげたい。

いや、タブレットでも渡そうか・・。
その方が早い気がするな・・。