慶応義塾大学通信課程 学習の記録

2019年9月卒業を目指した学習の記録

【その他】誕生日プレゼントはARuFaさんの「超暇つぶし図鑑」&剣道範士八段の話

【誕生日プレゼント】

先週、誕生日がきました。


「プレゼントは何がいい?欲しいものない?」

うーん。

本当に欲しいのは、
超絶にカッコいい、
万年筆とかヘッドホンだけど、
子供連れて見に行くのは・・
ああ、動悸が・・・。


欲しいものは・・・欲しいものは・・・


「情報と時間と自分の部屋かな」


 (|| ゜Д゜)


また、大人げない発言で、
家族を困らせてしまいました。


「ごめん!うそうそ!あ、あるよ、欲しいもの」

「図鑑!!」

「図鑑なら紀伊國屋とか今から行く?」

 どうだろう?大型書店にしかないのかな?
 図鑑・・なのか?位置付けが全然分からないよ。

Amazonで買ってもいい?」

次の日届きました。

人生の折り返し、
不惑に相応しい誕生日プレゼントです。


代金の1050円を貰いました。

f:id:nnaho:20170627091746j:plain

左端です。

早速、
バリアを作ろうと頁をめくりましたが、
全体の紹介がメインなので、
作る時は、ブログを見た方がよさそうです。

超 暇つぶし図鑑

超 暇つぶし図鑑


私は手先が不器用ですが、
少しづつ、やってみようと思います。


そうそう、

小学生の頃、プリンを食べていて、


「うっわー美味しいな!お風呂の浴槽にプリン作って全部食べたら、どれだけ幸せだろう・・・」


「浴槽はだめだな。さすがに、汚いな。
 あっ、巨大な鍋でやろう!うしし。」


結論から言うと、作っている途中で、
匂いでお腹一杯になり、
一口も食べられませんでした。

プリンは今でも苦手です。
現場は、壮絶でした。


「お父さん、プリン食べる?」

「うおー!!!なんて巨大な!食べていいの?」

「全部食べていいよー!」

思いがけず、親孝行出来ました。

あ、違う、親孝行の話ではなかった。


「しめしめ、やってみるか!」

探究心は生きる糧だと思う。

あの衝動と悦びを子供にも伝えたい。



常識を疑うんだ!

迷う暇があったら全部試すんだ!

僕たちは搾取されている。

大衆は🐷だ。

あれ?なんかずれてきたぞ・・・。




剣道範士八段の話をして、

「こんな80歳になりたい。
 人生についてむにゃむにゃ」

と、しようとしてたのですが、

長引いてしまったので、また、いつか・・・。

タイトル詐欺だ。すいません。

【慶応通信&ダイエット】勉強だけしてダイエット1週間の結果 「あれに負けました」

今週の結果です。

18(日) 45.0
19(月) 45.1
20(火) 45.0
21(水) 45.5
22(木) 45.6
23(金) 46.0
24(土) 45.6

155㎝ 目標44.9㎏ 平均45.5㎏

【総括】

今週はついに44㎏台だな!と思っていたら、
火曜に子供が遠足でジャガイモを掘ってきました。

今週はジャガイモに負けました。

趣旨が、勉強だけしてダイエットなので、
来週こそは、勉強たくさんして、巻き返すぞー。



【この瞬間】

f:id:nnaho:20170625093803j:plain



教育学のレポートが終わったので、
図書館に返しに行きました。

指定参考文献という、
渋い出会いではありましたが、

それでも、

「この一行に出会う為に、
 生きてきたんだよー!」


という瞬間が何度かありました。


なので、


ブログで紹介されていて、
気になっていた
本や音楽を


本屋さんで見つけて読んだり、
YouTubeで聴いて、

「うわー!!なにこれ凄い!カッコいい!!
 色々あったけど、今日はいい日だ!」


と、思える瞬間は最高です。


高校生の頃、
ノルウェイの森上下巻」を、
一気に立ち読みして、
本屋で倒れたことがあるので、

倒れないように、
注意して立ち読みしてます。

あ、お店に悪いので時々は購入してます。


本に関しては、
「まじすか!!!」
と、自分の常識がひっくり返る瞬間が好きです。



音楽はよく分からないですが、
声質とベースの「ベベベベン」に萌えます。

誰もきいてないわ。


今は、電子書籍もあるし、
本当に、
いい時代になったなあと思います。




そのうち、
聴かなくても、読まなくても、
チップを脳内に埋め込んで・・・やめろー!



そもそも
勉強だけしてダイエットは、
アドレナリンを大放出して、
余計な食欲を忘れて痩せよう!なので、


音楽でも読書でも、
サッカーでもオセロでも、

感動しよう。
そしたら、痩せるにちがいない。

頑張ろー!

【その他】「そしたら、サッカーしようか!」

長男がサッカーを始めて4年目。

練習も時々付き合います。

最近、ちょっと、しんどいのです。



「私は、野球の練習がいいな!野球にしようよ!」



いやいやいや、

上手いのかどうか分からないけど、

本人は楽しんでいる。

ダメだ、ダメだ。

それは、親としてだめだ・・。


【野球をしたい理由】

「この子プロ野球選手にするよ!明日から特訓してやって」

「はい・・・」

三人兄弟あるあるで。

姉の命令により、

当事2歳の末っ子長男である弟との

野球の特訓がスタートしました。

それは、彼が15歳、高校球児になるまで、

続きました。

途中、私は進学で実家を離れましたが、

帰省すれば必ずキャッチボールしてました。

弟が高1の夏休み、

バキバキに鍛えた身体から放たれた硬球で、

指の骨が砕け散る危険を感じて、

13年に渡る特訓は終わりました。

と言っても、

弟は甲子園には行けなかったし、

私はキャッチボールとノックを、

ただ日々、歯磨きのように、していただけで、

プロ野球中継も観ないしルールも怪しいです。

ただ、野球?の練習が好きなのです。

あっ、でも、ソフトボール大会で、

ピッチャーやって、

完全試合ノーヒットノーランを、

3回やってます。

新入社員歓迎大会とか、球技大会とか

そんなレベルですが・・

いつもピッチャーなのは、

運動神経とか全然なさそうだし、

守備はどこも無理そうだから、

取り敢えず、投げとく?という理由です。

完全試合の話は長くなるし、

自慢しかないので、おしまい。




野球だったら、

一緒に、毎日、練習出来るのに。

なんなら、君が高校球児になるまでずっと。

ノックとかめちゃ楽しいよ?

日々の練習って、

サッカーは、何したらいいんだろう?

ずっと、そんなことを、考えていました。

f:id:nnaho:20170623175807j:plain

先週、久し振りに、

練習を見に行きました。

先生が変わってイケメンになったから来てよ!

と言われたからです。

ズッこけました。にゃろめ。

でも、新しい先生は最後に言いました。

「僕はドリブルが大好きだから、今日はドリブルばっかりやりました。ドリブルが上手になると得点出来ます。得点出来るとサッカーが楽しくなります!これからもドリブルいっぱいやります!」

かなり、
強引なところがよくて、
段々イケメンに見えてきました。

サッカーの楽しさが伝わってきました。



13年やってきた
野球の練習相手をする方が絶対に楽です。

でも、せっかく、
練習やろうよと言われているのだから、

サッカーの練習相手やってみようと思います。

あ、先生がイケメンに見えてきたからでは、
ないですよ。


野球だって、最初は、姉に命令されて、

とにかくやってみて、

習慣になって、

段々上手になって、

強くなっていく弟の姿が、

嬉しくて、眩しかった。

成長が愛しかった。ブラコンかい?



そんなんでいいんだ。



そしたら、サッカーしようか!

やってみようか!

きっと楽しいに違いない!

今は色々サイトもあるし、動画も見られるし、

なんとかなるだろう。



こういう練習したらいいよ!ってあったら、

どうか教えてください。


野球の完全試合

サッカーだったら、なんだろう??

そんな欲は出さないで、

少しづつ、上手になりたいです。

【慶応通信】「そこから世界が見えたんだ」キルケゴールとサルトルが友達だった頃

ここ数日

「現代倫理学の諸問題」試験対策で、


キルケゴールの「瞬間の概念」

ゼードルマイヤーの「主観の喪失」

サルトルの「実存主義

等々、過去問を粛々と解いてましたが・・。

 
それは、私が、4歳の頃、

毎日毎日、

父の書斎で考えていたことの全てでした。

地球儀を回して、

床に散乱した本のページをめくりながら・・・。


f:id:nnaho:20170621093655j:plain

頭の中、こんな感じ。


は?4歳の子供が??嘘でしょう?

ですよね。

同年代の長男は一見「スポンジボブ」です。


f:id:nnaho:20170621134452j:plain


なので、

当事は、具体的に、こう考えていた、

というのを、

ひとつひとつの概念に対して説明したいのですが、

すごい字数になりそうなのでいつかまた・・・。

あ、これは、

私の頭が特別キレるとかではなく、

多分、感性の問題です。

私は、ただのヒトです。

文章読めば分かりますよね^ ^



時々考えるのです。


①子供のポテンシャルについて
 
 一見スポンジボブでも、
 実は全ての子供は、

 天才的なポテンシャルを秘めているんじゃなか?

 そして、いつしか、
 忘れてしまうんじゃないのか?

 「実存主義」「瞬間の概念」
 教えて貰わなくても勝手に考えていたとよ。

 今、概念から理解して理屈で覚えるのは、
 相当大変であります。

②降臨する場所はどこ?

 私がそれを考えるのは父の書斎だけでした。

 玩具やさんでは「トミカ買ってー!」
 と大暴れする普通の4歳児でした。
 
 もしかしたら、私の問題でなく、
 何かが降りる場所があるのかもしれません。

 それを、受け取っていたのかもしれません。



もう、

この話は終わらないです。

これに、

都市伝説的な要素や教育問題も、

ごった煮にして、

一晩中でも話せます。

誰も聞いていなくても。

モノローグし続けるわ。


スポンジボブにも、

「瞬間の概念」とか話してみようかな。

するっと理解するのかな?


また、試験が終わったら、

ゆっくり考えます!

【慶応通信&ダイエット】勉強だけしてダイエット結果&「大科学実験室を移転せよ!」

今週の結果です。

11(日) 45.0
12(月) 45.0
13(火) 45.1
14(水) 45.0
15(木) 45.1
16(金) 45.0
17(土) 45.3

155㎝  平均45.07 目標45.5 全週比ー0 .7

【総括】

あまり、記憶ないです。
ただ、目の前のことを、
ハムスターのようにこなしました。

あ、そうだ、あれをやりました!


大科学実験室を移転せよ!】

私は、特に、綺麗好きではないです。

床拭いてないとか、埃とか、
全然、気にならないです。



ただ、ただ、散らかってるのが、駄目です。




床にモノが散乱している。
特に服と玩具!!
テーブルに余計なモノが存在している。
汚れた食器がシンクに残っている。


わああああーーーーー無理、無理!!!!



しかし、最近、リビングは、
顕微鏡と望遠鏡を手に入れて、
科学館に頻繁に遊びに行っていた長男の
実験室と化していました。カオスです。

当然、夜片付けますが、

視界にカオスが入ることに、

限界を感じていました。

抜本的な改革が必要だ!!

f:id:nnaho:20170617180622j:plain




ごみ袋7個捨てました!!
相当スッキリしました。

本人も新たな気持ちで実験に励んでいます。


ジョン・デューイの実験室学校の話を書こうと思っていたのですが、また、いつかにします^ ^

それよりも、

f:id:nnaho:20170617175518j:plain



数年前に読んで、
手放してしまいましたが、

片付けることは、
痩せることに繋がっているというのは、
間違ってないかもなあと実感しました。


実験室が移転して、
カオスが目に入らなくなり、
それなりに、快適になりました。

勉強もこなしてます。


f:id:nnaho:20170617175837j:plain

センスないシール表ですが、
来週末には、一杯にしたいです!
そして、
44㎏代になってたら、最高です。

【その他】「勉強したくない奴に勉強させるな」

外で遊んでいたら、

「ほら、ほらほら!滑りなさいよ!」

「何してるの?次は砂場よ!」


そんな親子がいて、びっくりしました。


そういえば、


「いつも、公園来てて本当に偉いですね!

 私も一生懸命来るんですけど、

 この子が嫌がって!」


これは長男の時20回くらい言われました。


どうして、嫌がる子供に、


させるんだろう。


わからない。


だってさ、


もしも、


彼らがこの国で生きるなら、

残念ながら、

やりたくないことを、
やらなければならない機会は山のようにある。

そして、

やりたいことだけをやって生きるには、



やりたくないことをして生きる以上の、


周囲を圧倒するようなセンスや、

絶対に折れない断固たる意思や、

とてつもなく壮大なエネルギー、



そして、



軽やかで俊敏な行動力が要求されるに違いない。



多分。

多分です。




それなのに、


今、


やりたいことをしなくて、どうするんだい?


いつやるんだい?


大人になって急に出来るかな?


滑りたくない滑り台なんて滑るなよ!

蹴りたくないボールなんて絶対に蹴るな!

したくない勉強なんてしなくていい!


歯磨きして風呂入ってご飯食べて、

お友達にありがとうが言えたら、

後は、もう、

親の言うことなんて聞くな!

自分の言うことだけ全力で聞いてやれ!

と、思うのです。

いや、

親の想いはそれぞれなので、

腕白でもいい!逞しく育って欲しい!

とか、あると思うし、

そこは、否定は絶対にしません。

ちょっと、思ったのです。

負けるな。ちびっこ。それから、自分。

【その他】「1000万円所得隠し?!」男のロマンとシャネルスーツ


私の経営する会社に、
ついに、マルサが入りました。


そんな話ではなく、
どこにでもある日常です。



「来週、あなたの結婚式が終わったら、お父さんとお母さん離婚するね」




「・・・・・!!」



「二人で決めたことなら反対しない。でも、もし、差し支えなければ、理由を教えて貰えないかな?」



「聞いてくれる?お父さん給料隠してたんだよ」


「いくら?」


「月10万円を8年間」


「は??1000万円弱?嘘でしょ!」


「本当なんだよ。ねえ?もう、いいよね?してもいいよね」


「うん。ごめんね。お母さん。」


「なんであんたが謝るのよ!」


家を建て、3人の子供達の大学を卒業させるという、一番大変な時期に、何てことをしたんだ、父は・・・・・。



「私が一番お金かかったから」


「何言ってるの?悪いのはあんにゃろだし!」



電話を切って、放心。
離婚しちゃうのか・・・・・。


サラリーマンなのに、

どうやって給料を隠したんだろう?

明細を偽装したのか?

そんな面倒なこと、出来る人なのかな?



いやいや、それより


何故、そんなことをしたんだろう?


ぼんやり考えました。


「あああっ!あれか?絶対そうだ!あれだ!」


あっさりと、


答えは出ました。


ちょうど、
父が所得隠しを始める3ヶ月程前、

私は大学編入による引っ越しの為、
大量の専門書を古本屋さんに売りました。

結構な金額になりました。
日頃お世話になっている
友人二人を呼び出して、
ラーメン定食(チャーハン+餃子付き)
奢りました。

その話を電話で母にすると

「うわー!私もやってみようかな?あの大量にあるお父さんの本。」

積ん読の男だからいいと思うよ!」

心配ばかりかけている母の喜ぶ声が本当に嬉しかったのです。

1週間後、

「聞いて聞いて!凄いお金になったよ~!売ったお金で、しゅんくんとラーメン食べたんだ!」



一瞬、嫌な予感がしました。



床に置いてある最新の新書はどれだけ売っても大丈夫だと思う。



気が付かないだろう。




「でも、絶対に、売ったら駄目な本もあるからね」



その一言が言えませんでした。

母の弾んだ声をずっと聞いていたかったのです。





「売る前に写メ送って!」そんな時代ならなあ。




その後、母と弟はせっせとBOOK・OFFに通い、父の大量の本はラーメンになり二人の胃袋に消えました。




そして、





3ヶ月後、ついに、その日がきました。




「聞いて、聞いて!ばれちゃったの!」


「ええっ」


「お父さん怒ってて大変なの!


 俺がここまできたのは、


 全て本のお陰だと何故分からないんだって。

 
 私、何言ってるか全然分かんないよ~」




「お父さんは、何を売られて気が付いたの?」




「『司馬遼太郎翔ぶが如く』と『塩野七生ローマ人の物語』すぐに取り戻したけどね」





(やはり!そこか!!)





「そっか、ごめんね」




「そんなに怒ることないと思わない?」





電話を切って、茫然としました。




胸が痛い。





父は家では基本的に怒りません。

会社では机を投げてたそうですが。嘘だ。

家では4年に1回位しか怒りません。オリンピック!




怒るよ、そりゃ・・。




本は・・



父の唯一無二の友達であり、師であり、
夢であり、希望なのです。
飲まない、賭けない、吸わない父の
たったひとつの男のロマンなのであります。





それを・・




次々と売り飛ばされた挙げく、

ラーメンにされ、


長年連れ添った妻と、



溺愛する息子の胃袋に入れられた・・。





だめだ。





私だったら、無理だ。
もう、誰も愛せない。
悲しすぎる。



ああ、無情・・。



絶対に即日逃亡する。




でも、父は、その日、その瞬間、激昂しただけで、全てを水に流しました。





我父ながら何と寛容なんだろう。
心の底から父に詫び、
そして畏敬の念を抱きました。






いやいや待て待て

全然水に流してなかったのか!



とにかく、



どんな結論が出ても、悪いのは私だ。
母には父のロマンは分からない。
それを知っていながら、止められなかった。
多額の学費の工面で苦労をかけている負い目が常にあった。ささやかなことで、母が喜んでくれた。嬉しかった。これくらいいいだろうと思った。


甘かった。


何が出来るか分からないが、子供として、精一杯やれることをしよう。



重いものを背負った気がしました。






そして、結婚式2日前。
再び母からの電話。


「いよいよだね!」


(あれ・・・・離婚は?)


「お父さんにシャネルスーツ買って貰ったんだ!凄くかっこいいんだよ!これ着て待ち合わせ行くからね!離婚?やめたやめた!じゃあ、明日ね!」


シャネルのスーツじゃなくて、
シャネルスーツという形のスーツらしい。
(疎いので全然分からない)


それは、幾らなんだろう?
どんなに高くても1000万円はしないだろう。
10万円もすればいいとこかな?


お母さん、990万円はチャラでいいの?
それにしても、
何て悪い男なんだ!




いや、違う。そうじゃない。




怖いのは、男のロマンだ。




男のロマンを無視して、取り上げて、蔑ろにして、ラーメンにして食べたから、こうなったんだ・・。



結局、隠した月々の10万円は全て本になり1円もないそうです。




怖い・・。




例え、相手のロマンが何であっても。
それが、微塵も理解できなくても。
無条件で尊重しよう。




誓いました。




あれから、どれくらいたったのでしょう。
沈む夕日をいくつ数えたでしょう。




結婚とは!!



何か偉そうなことを言いたいとこですが、
特に何もありません




私も父同様に部屋の書籍を眺める時間が至福でした。ただ、貧乏性なので隅々まで読みます。


しかし、


結婚出産に伴う環境の変で、

自分の部屋が消え、

次に本棚が消え、

本が次々と消えました。



今、手元にあるのは、

三国志と、

大山倍達「強くなれ肉体改造論」

数冊の哲学書、

慶応通信の教科書、

おしまい。


数年前、
近所に大規模な図書館が出来ました。
必要な文献は借ります。
慶応の図書館もよく行きます。


そのタイミングで、
手元の本は全部手放しました。

だからといって、

「私は全部捨てたわ!あなたもヒロスエ写真集ほか段ボール全5箱処分したらどうなのよ?」⬅例えば


とは、言えないです。


女は・・と決めつけてはいけないですが、


何となくですが、



現実 >>> ロマン でもいけます。




男のロマンを大事にしよう!




以上です。