慶應義塾大学通信教育過程の記録

文学部1類(哲学)で学んだことを中心に綴っています。時々、ダイエットや漫画、都市伝説の話もします^ ^

【慶應通信】2019年総括

f:id:nnaho:20191230171611j:plain

クリスマス前に風邪を拗らせてしまいました。
明日は大晦日です。

2019年を振り返ります。

・取得単位数
Eスク&夏スク 計6単位

・読んだ本
2018年
大学図書館 98冊
Amazon 23冊    
市立図書館 32冊 
約150冊

2019年
大学図書館 56冊
Amazon 13冊
店舗衝動買い 8冊
約80冊

新規レポ1本につき10冊程読むので、
レポート書かなくなって激減しました。
卒論関連と専門科目や英語の参考書が中心です。

・2019年 面白かった本
リチャード・クー『追われる国の経済学』
ロルフ・ドベリ 『Think clearly』

・2019年の目標
卒論の完成と院試合格

・結果
院試は不合格でした。
英語を基礎からやり直して原文で読めるように頑張ります。専門科目の知識も圧倒的に足りていないので基礎からやり直しです。

腹筋背筋など段々弱ってきたので、そろそろ真面目に筋トレを再開しようと思います。

最後になりましたが、慶應通信を通じて交流して頂いた方々に感謝しています。基本的にレポートも試験も論文も通信は一人で取組むものですが、頑張っている友達がいると思うと、やり切れないことも乗り切れた気がします。

【慶應通信】試験対策について

f:id:nnaho:20191216174810j:plain

試験対策について、
考えさせられる出来事があったので、
今後に向けて書いてみました。


1.試験結果

テキスト&Eスク25科目受験しました。

1回目合格 88%
2回目合格  8%
3回目合格. 4%

あれ?何かが違う・・。

保留にした4科目忘れてました。

1回目合格 75%
2回目合格  7%
3回目合格. 3.5%
保留   14.5%



3回連続でDだった科目は、
レポートは合格していても、一端保留にして新規レポートに着手することにしてました。



保留は4科目です。
それだけでも、Dを12回見ているので、
なかなかに苦戦しました。



GPAは2017年以降の科目しか出ないので正確な数値が分からないですが、



成績は・・ごく普通だと思います。
いや、どうだろう・・。


なので、この先は、
参考程度に読んで頂けたらと思います。


2.試験対策


持込不可の対策は全教科ほぼ同じようにしてました。



①何も見ないで過去問を3年分解く
②ほぼ解けないので模範解答を作成する
③過去問に頻出した重要な概念等を暗記する
④何も見ないで解けるまで繰り返す





f:id:nnaho:20191217151827j:plain




ノートはこんな感じです。
図や絵を描くことが多いです。

もっと効率的なやり方があるのかなと
常々感じてはいました・・。


3.立ちはだかる暗記パン王国


それは、

最後の試験対策をしていた6月に起こりました。

Eスクだったので大量の講義概要を片手に、
模範解答を作成しながら、
重要な概念をゴリゴリ書いていました。


f:id:nnaho:20191217152149j:plain


そこに、暗記パンマンが現れました。

「何を書いているんですか?」


「え?難しい概念や理論を理解するために図や絵を描いています。なぜそんなことを聞くのですか?」


「その講義概要をそのまま覚えた方が早くないですか?
 パシャっと!写真撮るみたいに」


「えっ!こんなに大量に?無理です」


「いや!一度に全てとは言ってないです。
 書くと手が疲れないかなって思って」


衝撃を受けました。


この大量の資料を?パシャっと?

写真記憶・直観像記憶

映像記憶とも言われる記憶で、幼少期は意外と使っている言われています。

見たものを映像や写真のように、そのまま記憶するというものです。

大人になってからはかなりの訓練が必要になります。

暗記パン王国の人々はこれが使えるのかもしれません。


4.記憶の仕組みと試験対策

ところで、
慶應通信の試験は基本的には論述形式です。


論旨の展開は勿論大事ですが、
重要な概念や理論の正確な理解と暗記が必要です。


そこで、記憶について・・

記憶には、二重貯蔵モデルがあります。

f:id:nnaho:20191217174817j:plain

短期記憶 (STS) の情報は
時間の経過とともに忘却されますが、
維持リハーサルによって長期記憶(LTS) に転送されます。



諸説ありますが、長期記憶に入った情報は消えることはないと言われています。




f:id:nnaho:20191217175017j:plain



また、長期記憶には、陳述記憶と非陳述記憶があります。陳述記憶のなかのエピソード記憶とは、個人が経験した出来事に関する記憶です。

長くなりましたが、

自分の試験対策は、
理解しにくい概念や理論を図解することで、
エピソード記憶として長期記憶に転送するという作業だったのかもしれません。


5.今後に向けて


https://atarimae.biz/archives/2613
想起することを重視した
「リマインドプッシュ学習法」

https://www.souken-j.com/goods/review-wall/
5回目を超えると急速に記憶でき、理解度も増すことから複数回の通読を奨励

「今日は教科書3周しました!」
Twitterなどでよく見かけます。
優秀な方が多いなと思っていましたが、
そういうことだったのですね。

自分の今までのやり方を否定するつもりはありません。
ただ、保留した4科目は、問題が循環していない、小問が多い、採点基準が他の科目と比較して(多分)相対的に厳しい、など共通点が若干みられます。科目における重要な概念を理解して記憶するだけではなくテキスト全体を通読して理解する、精度の高い記憶を意識するなどすれば良かったのかもしれません。

記憶のシステムを理解して、様々な方法を柔軟に取り入れて、院試などの対策に生かせるいいなと思います。

【慶應通信】卒論提出までの記録 

f:id:nnaho:20191124172921j:plain


三田祭直前の20日卒業論文提出しました。


2月に卒業試験があるので、
卒業出来るかまだ分からないですが・・。

登録から提出まで振り返ります。

最終指導から提出まで


最も苦戦したので、ここからいきます。


2019年10月16日 
第4回最終指導 論文提出許可

卒論ノートにサインを頂いた直後のことです。

「あっ!前回言ってた論文追加しますか?
 良いのあるんですよー。英語だけど大丈夫?」

「大丈夫です。是非お願いします」


10月17日
翌日メールで論文が届く。一読してそっと目を閉じる。
ほんやくコンニャクで翻訳する。



10月19日〜25日
翻訳を解釈しながら要約して追加する。
それに伴う膨大な修正の数々に徐々に焦りが・・



10月26日
先輩から製本の方法や提出書類作成の注意点など具体的なアドバイスを頂き冷静さを取り戻す



10月27日〜31日
祖母の訃報を受けて帰省
この間進捗なし


11月3日
最終稿メール、翌日、印刷許可連絡が入る


11月4日
製本業者問い合わせ


1.アクセア 田町店
https://www.accea.co.jp/map/tamachimap.html
上製本加工代¥4800 ペンマークも入ります。
三田正門近くに店舗があります。基本的には店舗にデータを持ち込みます。



2.株式会社日本文書
http://www.nihonbunsho.co.jp/thesis/product.html
¥5000 HPを見る限りでは仕上がりも値段も良心的な気がしました。店舗に行かなくてもメールで全て完了する点が非常に魅力的です。



3.慶應義塾生活共同組合 三田購買部
03-3455-8345
https://www.univ.coop/prev/u-poc/book.php
¥4677 仕上がり日数及び注文数で料金は異なります。
原稿は自分で印刷して持込ます。


その他製本キッドという方法もあるようですが、
自分は不器用なので怖くてやめました・・。

最終的に生協に決めましたが予定が詰まっており、
三田に持ち込む時間が割けずかなり焦りました。


11月5日〜9日
誤字脱字レイアウト等の修正

11月9日
生協にて製本依頼
※仕上がりは18日午後の予定


11月10日〜19日
論文要約800字&提出書類作成
この期間が最も悶絶しました・・。


11月20日
生協で製本受取&事務局にて提出
三田祭期間(21日〜24日)は事務局閉室
最終週の25日以降は三田に行く時間がないので焦りました・・。勿論、郵送すれば良いのですが・・。


反省点

・製本依頼する際には、年度や学部名、文字色、レイアウトなど詳細を選択して依頼します。最後の論文指導で先生に製本に関する詳細を確認すべきでした。

・生協の製本は1週間、業者製本であっても、在庫次第で最大で2週間を要します。三田祭前に余裕を持って提出するためには10月下旬には最終稿を完成させるべきでした。

・提出するまではタスクが膨大にありました。意外でした。11月に予定を詰め過ぎたのは失敗でした。また、10月指導で提出許可が出た瞬間に気が抜けてしまったのはあかんでした。


長くなったので、
登録から最終指導までは、また次回書きます。

あなたが残してくれたもの

f:id:nnaho:20191101125613j:plain

祖母が他界した。96歳だった。

22年前に会社を経営していた祖父が突然亡くなった。
その頃から、祖母とはいつお別れになっても後悔しないように手紙を書くようになった。



私は祖母の孫6人の中で1番勉強が出来なかった。



学校での成績は良かったが、従姉妹達とは圧倒的なレベルの差があった。従姉妹達は常に全国模試の上位に名前を連ねており、現役で国公立大の医学部に進学した。



自分の姉弟はとにかく要領が良かった。姉に至っては英語の教科書に折り目すらないのにセンター試験では満点近い点数を取り続けていた。家で勉強する姿を見たことは一度もない。姉は暗記パンを持っていたと思う。



とにかく自分は、努力しなければダメなんだと一生懸命頑張ってきたが、高校生になると流石に限界や疲れを感じた。



もしかしたら、辛い表情をしていたのかもしれない。
そんな私に祖父母は優しく微笑んでこう言ってくれた。

「あのね、女の子はニコニコ笑っとればいいがやよ。
 勉強なんか別にせんでいいがやよ」



まあ、それもそうかと一旦は勉強から離れて好きなことをした。高校生活通じて300冊程本を読んだ。海外の文学作品、哲学書、とにかく内容は何でも良かった。授業を抜け出して公園で本を読む日々。今にして思えば、あれ程、フワフワとした愛しい時間はない。


数年後、突如、受験勉強をやる気になり、1日10時間以上勉強して志望校に合格した。自分ではこれ以上望めない程の大学だったが、両親は姉弟や従姉妹と比較してやれやれと苦笑していた。好きなことが見つかったんだねと祖父母は喜んでくれた。


さらに数年後、祖父は亡くなり、次の年に、私は必修科目の登録漏れという痛恨のミスを犯して留年が確定した。同時に東工大に進学したもう1人の従姉妹の3年次飛び級も決まった。母は、自分の娘は留年で姪っ子は飛び級とは何ということでしょうと嘆き悲しんだ。



当時から、実家に帰る度に、お墓や仏壇に手を合わせて、祖父に話をしていた。


またしても、私は重篤な失敗をして母であるあなたの娘を泣かせてしまいました。留年が確定しました。これからどうしたらいいでしょうか・・。

すると、その様子を見ていた祖母が、
「孫は6人おるけど、こうやって来る度にお仏壇に手を合わせてくれるがは、あなただけやわ。本当にありがとうね。あなたは本当に優しいね。おじいちゃんも喜んどるわ。また来てね。待っとるからね。」とニコニコ笑ってくれた。


いやいや、留年の相談してたんだよと言いかけて祖母の優しい笑顔を見て涙が溢れた。そうだ、私は勉強が出来ない上に大きな失敗もした。でも、それでも、少なくとも祖父母は自分を必要としてくれている。それだけで、充分だ。頑張って生きてみようと思えた。


大学卒業後は更に差が開く。
医学部を卒業して地元の総合病院に勤める従姉妹は若くして多くの命を救っていた。地元では評判の腕利きの外科医だった。もう1人の従姉妹は、30代前半で准教授になっていた。姉弟も所謂一流といわれる企業でバリバリと音が聞こえる程活躍していた。


自分も就職した会社で毎日終電まで懸命に働いていた。新卒の営業時代は軍隊のように過酷な日々だったが、従姉妹達と比較すると随分気楽なものだなと卑下することもあった。


そんな時は、祖父の言葉を思い出した。
「あのね、働くってね、はたを楽にするってことなんだよ。周りを良くすることだからね。お金はそのあとね」

そうだ、私の仕事は、誰かの命を任されている訳でもなく、凄い発明をする訳でもない。でも、何処かの誰かを笑顔に出来たなら、それで良いんじゃないのかな。今いる環境で周囲を少しでも良くする方向に傾けたらそんなに嬉しいことはないんじゃないかな。そう思うと目の前の単純作業も愛しく思えた。丁寧に精一杯やろう。はたを楽にするんだ。幸運にも職場の人間関係にも恵まれて仕事はいつも楽しかった。


祖父母の存在がなかったら、どうなっていたか想像もつかない。祖父母には感謝しかない。


そんな想いを手紙に綴ってきた。
隔月くらいのペースだろうか。
ここ10年程は文字が読めているか分からなかったけれど、手紙を送り続けた。
クリスマスカード、誕生日プレゼント、
22年間で100通は超えているだろう。



もう、伝える言葉はない。

22年かけてお別れしたのだ。



後悔なんてない。


でも、堪らなく寂しかった。

もう1度、デパートの地下にある量り売りの飴を一緒に買いに行きたい。祖母が作ってくれたお弁当を食べたい。あの卵焼きじゃなきゃダメなんだ。布を買ってくるからエプロンを作って欲しい。2人で通ったパン屋に行ってチョココルネを買いたい。


色鮮やかな日常生活が甘く胸にしみた。
涙が溢れる。


顔を上げるとそこには従姉妹や姉弟がいた。
小学生の頃みんなで赤トンボを捕まえた。
あの頃と何も変わらない。
時間が戻ったようだ。
従姉妹達はいつも穏やかで優しい。
そして、さらにその子供達には懐かしい面影があった。


生きるって凄いなと思った。


偉業を成し遂げたれたらそれは勿論素晴らしい。
子供の頃からの夢を叶えたらそれも素敵だろう。


でも、ただ、与えられた環境で一生懸命、誠実に生きることの尊さを祖母は教えてくれた。


凄い言葉で人を魅了するでもなく、ただ、目の前にいる家族を親族を隣人を静かに愛すること。


私は大切なことを見失っていた気がする。


祖母は亡くなったが、
これからも手紙を書き続けようと思う。

それは、いつか会った時に渡す日のために。

【慶應通信】1時間で20冊の専門書は読めるのか

f:id:nnaho:20190918174519j:plain


そろそろ秋ですね・・。


1時間で20冊の専門書は読めるのか


では、いきます!

1.動機

前回の大学院入学試験の記事で、
「1時間に20冊程度の専門の文献を読みますが」
と、さらっと書きました。



直近では6月に
Eスク法哲学社会学特殊のレポートで、
20冊程一気に読んだ記憶があったので、
そのくらいのペースかな?と思ってました。



実際、本当に読めているのか検証しました。



2.方法


専門の文献・・・専門書の辞書的な意味は、
「特定の専門分野に関する本」
「専門性が高い本、専門家向けの本」です。

①卒論や興味ある分野で上記に該当するであろう本を20冊選択します。


②原則通読します。拾い読みは禁止です。


選択した本は以下の通りです。


f:id:nnaho:20190918185203j:plain



1.卒論関係

ジョナサン・H・ターナー
『感情の社会学理論』株式会社明石書店 2013年
他6冊


卒論は、結論まで一応書き終えましたが、
絶賛悶絶中で突破口になりそうな本を選びました。

2.進路関係

倉田敬子著『学術情報流通とオープンアクセス』
株式会社勁草書房 2007年 他4冊


卒論優先ですがこの機会にまとめて読みました。
全て倉田教授の著書です。




3.経営関係

北地達明他著『最新コーポレートガバナンスの全て』
日本実業出版社 2016年 他5冊


弟が約1年かけて転職する際に都度状況を聞いていたのですが「コーポレートガバナンス体制の整備」に関してはさっぱり理解出来なかったので勉強したいと思ってました。


4.その他


デビッド・ジュビーゲルハルター著
統計学とは時にセクシーな学問である』
ライフサイエンス出版 2018年 他6冊


最後の試験を統計学にするのが1年越しの夢でした。
時間的にも能力的にも、かなり厳しい状況ですが、出来るとこまでやってみます。


全21冊
※内1冊は地図なので20冊

結構・・ジャンル偏ってますが・・。
論文集も入ってるし・・



3.結果



読めませんでした!!
1時間36分で帰宅時間になり、
3冊残して時間切れになりました。


特に、コーポレートガバナンス関連&統計学は通読していても全く理解が追いつきませんでした。
数式が出現すると格段にスピード落ちます。


一方、卒論関係はいいテンポで読めていましたが、気になる箇所は図を書いたり引用して時間がかかる場面もありました。


言い訳はそんな感じです!


4.考察


ある程度熟知している分野であれば、
スピードは上がるので20冊は可能ですが、


適正も予備知識もない分野では
相当に厳しいです。


自己啓発本ならいけるような・・。


次は漫画で挑戦したいと思います!


嘘です。


卒論詰めないといよいよ時間がなくなってきたので、今はそこに集中します。





おまけ・・・

【2週間分の慶應通信
・卒論 結論部分追加 全体修正
文献追加

【2週間分のダイエット】
・平均 45.3kg
二郎食べ損なってから二郎以外見えない。

【その他】2019年 大学院受験記録

f:id:nnaho:20190906071241j:plain

泳ぎたいなぁ・・・。


9月2日に慶應義塾大学社会学研究科修士課程を受験しました。

受験に至る経緯や今後の方針などを記録して前に進みたいと思います。




では、行きます!




1.受験した慶應大学社会学研究科はどんなとこですか?

こんなところです!

http://www.hr.keio.ac.jp/


社会学研究科には、心理学、社会学、教育学の3つの専攻に分かれています。

受験した社会学専攻は、社会学研究科では最も早く1951年に開設されました。


学部を越えて幅広い調査研究を進めることを目的とし、文学部・経済学部・法学部の関連教員を主体に学部とは独立した形になっています。



2.なぜ大学院で学びたいと思ったのですか?

4歳の頃からやりたかったことを実現する過程として最適だと思ったからです。


また、現役大学時代は、兄弟全員が県外の大学に進学しており、これ以上親に負担をかけて院進するという選択肢はありませんでした。


社会に出て経験を積んで必ず再度受験しようと考えていました。


3.慶應通信でなく始めから大学院を目指せば良かったのでは?

取得している学位は情報なので専攻が異なります。
受験資格はありますが、慶通の文学部で哲学、社会学、心理学の基礎を固めたいと考えました。
後は家の事情です。


f:id:nnaho:20190906162137j:plain


4.社会学部の修士課程は他大学にもありますが・・?



現在、卒論論文を指導して頂いている先生のもとで継続して学びたかったからです。

ここを語ると3万字くらいになるのでいつかまた・・

ただ、同じことが出来るのであれば、他大学との併願も視野に入れるべきでした。


5.具体的なスケジュールを教えて下さい!


ここにあります!

http://grad.admissions.keio.ac.jp/sha-m.html


個人的なスケジュールは以下の通りです。

慶通文1卒業見込で出願しているので、
卒業しないと入学はないので迷った時は慶通を優先しました。

2019年
1月 HPより過去問入手
2月 2回目論文指導&大学院進学相談
4月 Eスク2科目履修開始
5月 3回目論文指導&大学院入試説明会
7月 WEBエントリー&願書出願&第2回科目試験
8月 夏スク&第4回論文指導申込
9月2日 一次試験(英語&専門)
3日 合格発表
4日 二時試験(面接)
5日 合格発表

いや〜こうやって振り返ると、
なかなかにハードなスケジュールですね!
出願書類では未完成の卒論をベースに研究計画などを書くのでとても大変でした。


6.どのような試験対策をしましたか?

専門科目
過去問3年分解いて全て暗記しました。
ただし、循環も重複もしていないので、
説明会で勧められた文献中心に3冊程精読しました。


英語
過去問で使用されていた文献を精読しました。
内容は、社会心理学の実験だったので、
社会学者&主要な実験&概念を中心に暗記しました。


f:id:nnaho:20190906162227j:plain


7.試験当日の様子を教えて下さい

8時45分集合、9時試験開始で、試験は南館1階で行われました。子供がまだ夏休みだったので、港区の保育施設に預けて8時15分頃到着しました。

過去の倍率を遥かに超える受験者数と留学生の比率の多さに圧倒されました。


8.結果はどうでしたか?

1次試験不合格でした。

落ちたんかい!!

結果は翌日の17時に公表されますが、英語のあまりの手応えのなさに合格は絶対にないと思いました。


9.敗因は何だと思いますか?

英語の圧倒的な実力不足と情報収集で手を抜いたことが致命傷になったと思います。

5月の説明会では、卒論指導の先生と教え子の院生が体験談を発表していました。英語は、出典の文献以外にどんな論文を読めば良いかなど対策を聞くべきでした。家の事情で質問時間までいられなかったのですが、後日、メールで質問するなど方法は無数にあったはずです。


英語の過去問は、出典のみ表記されているのですが、想定した英文の3倍以上を全訳しなさいという問題を見た時に、認識の甘さを痛感しました。対応するだけの語彙力と文法力が明らかに不足していました。

専門科目は過去問題が全て公開されていたので、対策は万全ではないですが出来ていたので特に問題ないです。


10.今後の方針について教えて下さい

大学院入試に特化した予備校で情報収集し模擬試験があれば積極的に受けようと思っています。

私は活字中毒なのもありますが、1時間で約20冊程度専門の文献を読みます。同等のスピードで、英語の文献や論文が読めるようになったら夢のようだと思います。
語彙力を増やし文法を基礎からやり直して1年後にはその状態になっていたいです。合格して、授業を理解して修士論文を書ける英語力を身に付けたいです。

さらっと書きましたが、
毎日15時間英語に費やした現役受験生の頃とは、
仕事や家庭もあるので、状況が違います。

今していることは、正しい努力なのかを常に確認して、ゴールまで進みたいと思います。


f:id:nnaho:20190906162413j:plain


終わりに

私は、身体能力的にも頭脳的にもキレる方でないので、大事な勝負事では、これ以上出来ません!!という状態まで準備して臨みます。なので、試験や試合終了後は、出来はどうあれ、清々しい気持ちで一杯です。

しかし、今回は全然違いました。

20年前の夏、あるスポーツで全国大会に出場し無様に惨敗した時のような気分でした。あの時、悔しかったのは、負けたからではありません。試合の前から気持ちで既に負けていたからです。全国に進めたことで気持ちは燃え尽きていました。練習するフリはしていたけれども、本気で勝てるとは信じていませんでした。その意気地のなさと不甲斐なさが情けなくて悔しくて涙が止まりませんでした。その時と同じような感じです。

もう2度とこんな思いはしない!と誓って生きてきたのですが、どうも、気を抜いてしまったようです。

1年間頑張ります!
英語と並行して、まずは卒論を仕上げます^ ^

【慶應通信】2019年第2回科目試験結果&夏期スクーリング

f:id:nnaho:20190903041453j:plain


【2019年第2回科目試験結果】

法哲学−E 評価 A

社会学特殊−E 評価 B

116単位充足しました。

法哲学はあまり手応えがありませんでした。
100%視聴&レポートは提出していますが、

万が一落としていた場合、
スク単位不足で卒業が半年伸びてしまいます。


それは、困る・・・。

f:id:nnaho:20190903041638j:plain


急遽、夏期スクーリングの受講を決めました。
家の日程調整や保育先の確保が難航して、
肝心の授業内容の詳細を確認したのは2日前でした。


社会心理学特殊】

定員は50名前後で毎回グループディスカッションがあります。ひいいいいい!そんなの聞いてない!と恐怖で足がすくみました。


しかし、グループ分けから役割分担、タイムスケジュールまで予め決められているので、自分のように人付き合いに苦手意識があっても、安心してディスカッションに集中することが出来ました。


講義はステレオタイプに関する概念を理解して異文化コミュニケーションに生かすことを目的としています。今最も話題となっている日韓関係について深く考える良い機会になりました。

今後の人生の糧となるような素晴らしい講義でした。
受講して本当に良かったです。


f:id:nnaho:20190903042917j:plain


一昨年卒業した友達と久し振りに会いました。
2年前に夏スクで知り合った時には今の自分と同じで、残りは卒論という状況でした。


学部も類も同じなのに、
科目試験やレポートの話は全然してないですが、
学生時代や職場の友達とは違う絆を感じます。


この人は、派手に活躍しているけれど、その一方で、コツコツ地道に20〜50科目のレポートを仕上げ科目試験を黙々と受験してきたのかー!という信頼感や安心感でしょうか・・。


うーん、ちょっと違うか。



【今月の慶應通信
・夏スク&卒論インタビュー追加
・専門科目まとめ

・9月前半で一通り卒論仕上げます。
(膨大な修正があるので・・)

【今月のダイエット】
45.5kg お盆で増減ありましたが落ち着きました

魔界の科目に関する話を書こうかと思っていたのですが、また次回・・・